REPORT

【中国・広島編】
「既婚者合コン」潜入レポート

Vol.08 初心者歓迎編

今回私が参加したのは広島にて開催された「初心者歓迎編」のイベント。最近話題の「既婚者合コン」。その名の通り結婚してパートナーを持つ男女が集まる出会いの場である。美女や高収入エリートが集まるという謳い文句を掲げているが、本当にそんな人が参加しているのか。また、「既婚者」同士が出会う目的は何なのか。実態を暴くべく潜入してきた。

「既婚者」合コンに潜入した、本記事の筆者のプロフィール

48歳。男性。広告プランナー。小手伸也に似ていると言われる。
義理の両親、妻との4人暮らし。
寺社を巡りながらの御朱印集め。最近は藤井聡太さんに影響され将棋を学び始めた。

今回は2021年9月某日に広島で行われた初心者歓迎の既婚者合コン。
次に御朱印を頂く神社を調べている際に偶然発見。これも何かの巡り合わせだと感じ、参加することにした。友人を誘おうと思ったが、時期が時期なだけにコロナウイルス感染の不安があり一人で挑戦した。今回が初めての参加となるが既婚者未婚者合同の飲み会には参加したことがある。

潜入したイベント・会場情報

広島市街を一望できる眺めの良さ

夜から仕事の打ち合わせがあるため、選んだの14時開催の初心者歓迎イベント。初めて参加する私にぴったりのイベントだ。本通駅から数分で着く会場は、最上階ということもあり眺めが抜群。これからどんな人が集まるのかわくわくしながら、一足先にビールを飲みながら待つことにした。もちろん、これも料金に含まれている。

イベント開始時刻に集まったのは、男性7名女性8名の15名。話しやすいよう少数に配席され、3対3・2対3・2対2と3つのテーブルに分かれて座ることとなった。私は男性2名、女性2名席に案内されたが、随時男性が移動し皆と会話ができる仕組みになっていた。

参加条件は、年収などを設けているものもあったが初心者歓迎イベントに関してはそういった制約はなく、年齢が規定内に収まればオッケー。無論、未婚者はダメだが。参加者の印象としては、平均的な中高年といったところだが、綺麗目な服装で印象は悪くない。私も目立ち過ぎず、地味過ぎないラインの服装を選んだが場に適していたようだ。

会場内にトイレは無かったものの、同じフロアのすぐ近くにトイレがあったため、急に便意をもよおしても間に合う範囲。下世話な話、年をとってからというもののもよおしてから我慢できる時間が短くなってきているから、ここは重要な要素と言えよう。

料理は、あまり食べたことのないメキシカン料理だったがあっさりスパイシーで夏にぴったりの食事であった。今回の参加者は私も含め箸が進んでいたが、異国の料理特有の調味料は苦手に感じる人もいるだろうから、気になる人は事前に問い合わせるといいかもしれない。

さて、このイベントで私は収穫を手にしたのか、気になった参加者を3人ピックアップしながらお伝えしよう。 

1人目(女性)うなじから色気漂う和風美人A(45歳)

まず一番に目を引いたのが、着付講師をしているA。アップスタイルにまとめられた髪型から流れるように綺麗なうなじが見え、大人の色気を漂わせていた。「その髪飾り、とても似合っていますね。」と声をかけると、「ありがとうございます。お気に入りなんです。」と笑みを浮かべた。その表情がどことなく私の好きな石田ゆり子さんに似ていて、年甲斐もなく緊張してしまった。Aは、お友達に誘われ断れずに合コンに参加することになったけれど、当の友達は微熱が出て結局一人で来ることになってしまったらしい。きっとAは誘われなかったら合コンに来ることはなかっただろうタイプ、そんな感じに思えた。その予想通りと言ってはなんだが、結局最後までAは大きく表情を変えることもなく、綺麗な言葉遣いのままイベントを後にした。自分の力不足もあるだろうが、せめて連絡先だけでもゲットできればAの心を徐々にでも開かせることができたかもしれないと悔やまれるものだ。

2人目(女性)笑い上戸なメイクアップアーティストB(40歳)

次に紹介するのが、笑顔が絶えないメイクアップアーティストB。彼女は韓国ドラマに出ていそうな感じで、スタイルもモデルのよう。「韓流スターみたいだね。」と言うと、「嬉しい!実は今、韓流メイクをしたいって人が多くて練習しているんです。」と仕事熱心な言葉を耳にした。実際、1年ほどの前の彼女の写真を見せてもらうと綺麗だが別人、彼女の腕の良さを痛感させられた。美を扱う仕事をしているため、体型にも気を配っているようで流行りのダイエットや美容品についてもとても詳しかった。もっとも聞きなれないワードでほとんど記憶に残らず、唯一残っていると言えばどれもカタカナで名前が長かったことくらいだ。彼女は、業界内でちらっと耳にした「既婚者合コン」に参加すれば話題のネタになると思い、今回参加を決めたという。このように探求心の強いBとは話の話題が尽きず、私の話も持ち前の笑顔で盛り上げながら熱心に聞いてくれ心地良い時間であった。

3人目(男性)何不自由なく暮らす不労所得者C(48歳)

最後に男性の参加者も紹介しよう。隣の席になり、よく話したCだ。彼は父親の代からマンション経営をしていて、年に数回メンテナンスなどに携わるだけで、自由気ままな暮らしをしている。とても羨ましいが、本人曰く妻や子供にはマンションの経営をしていることを秘密にしているため、毎日仕事に行くふりをしなければならず不便らしい。何故そんなことをしているか尋ねると「お金があると知ると金遣いが荒くなるから、お前が譲渡する時まで秘密にしなさい。」と父親から何度も念を押され、仕方なく守っているようだ。この話をする時点でいけ好かないが、合コンで自慢したくなるのは男であれば仕方のないことだろう。お金があるんじゃ、さぞ何度も参加しているのだろうと聞くとこれが初めての参加らしい。それも、今後の事業候補として偵察しに来たとか、意外にも真面目な経営者なのかもしれない。

続きは後日…

イベントが終わり、まだ飲み足りない私は二次会へ行くのが当たり前だと思い皆の動向の様子を見守っていた。すると、女性の一人が「あッ、洗濯物入れなきゃっ!」とあからさまな断り文句を言葉を発し、それをきっかけに酔いが冷めたのか女性があれよあれよと退散してしまいこの日は解散。Bを含め連絡先を5人ほど交換しているため、後日小規模な飲み会を開くこととなった。Cが暇だからと主催を買って出てくれ、1週間後の26日の同時刻にこじゃれたレストランでスタート。最初はぎこちなかったものの、お酒が進むと以前の雰囲気に戻りがやがやしていたように思う。そして、3時間半ほど飲んで解散。その日から、女性の1人から個別で連絡するようになり、来月2人で飲みに行く予定だ。

まとめ

初心者歓迎は滅多にない好機

タイトルに初心者歓迎とあると、初めて参加する人間にとっては敷居が低く参加しやすい。また、通常であれば参加しないような人なども試しに参加してみようかなどといった好奇心から予約していることもあり、
フレッシュな出会いが待っているように思えた。想像していたリピーターが幅を利かせることもなく、新参者でも楽しめるだろう。以前、参加したことのある既婚者未婚者合同サークルは、そういったややこしい関係性が苦手で足が遠のいたが、この雰囲気のイベントならばまた足を運んでもいいかもしれない。

他の参加レポート・インタビュー記事をチェック!

中国・四国はとにかく30代~40代の参加が多い!

当社開催の「合コン」に
初めて参加した人の割合

73

初めて参加する方がほとんどだから、安心!

【男性】参加者の年収データ

男性の年収データ

500万円台が24%、600万円台が29%と、
年収500万円以上を稼ぐ高収入な男性に
多くご参加いただいております。

【女性】参加者の職業データ

女性の職業データ

専業主婦の方が35%、
パートが28%、会社員が29%と、
様々な背景の方にご参加いただいております。